大学生向けの節約方法

大学生活には、何かとお金が必要ですから節約習慣を身につけておくことが大切です。具体的な節約方法は、自分が何にお金を使っているのか支出をきちんと把握するために、買い物をした際にはレシートを必ずもらって家計簿をつけます。

継続して家計簿をつけることは大変ですが、こまかく家計簿をつけることで無駄遣いを改めることができて節約する習慣が身につきます。また、物を購入する時には、本当に必要かどうか自問自答するクセをつけることも大切です。欲しいと思った時は、冷静に考えて衝動買いを防ぎましょう。

特に必要なものがないのに頻繁にコンビニに立ち寄ることは、つい衝動買いをしてしまう原因にもなりますので、コンビニには必要な時だけにとどめることも節約するためには大切です。一人暮らしをしている大学生は自炊をしたり、水筒を持参すると節約になります。大学の学食は、低価格なのにボリュームがあって栄養バランスも考えられていますので、うまく活用すると食費をうかせることができるでしょう。

生活に欠かせない水道光熱費も工夫次第で節約することが可能です。家電製品の場合は、使用していない時はスイッチを切っておいたり、コンセントをこまめに抜いて待機電力を削減します。待機電力は、使ってもいないのに電気代がかかってしまいますので抑えるとよいでしょう。

電力自由化やガスの自由化により自分の生活に合った料金プランを選べるようになっていますので、日中はほとんど外出している大学生は契約している料金プランをライフスタイルに合ったものに変更すると光熱費を削減することができます。

水道料金を節約する方法は、節水シャワーヘッドが役立ちます。一人暮らしの部屋のシャワーを節水シャワーにすることができる場合は、水圧にやや物足りなさを感じますが水の使用量を大幅に減らすことが可能ですからおすすめの節約方法です。スマートフォンの通信費や交通費、映画館などのレジャーでは学割制度をうまく利用するとよいでしょう。

ページのトップへ戻る