節約と家族の協力の関係性

節約をより効率的且つ有意義に行うためには、自分一人が意識するよりも家族に協力してもらう事が重要である。

シャワー

例として、4人暮らしで水道代を減らしたい場合で考えてみる。方法として、風呂場で使用するシャワーをこまめに止める事を実践する。そこで、一人だけが実践する場合、他の3人は実践していないので一人分の水道代のみの節約になる。1人分だけでも節約出来るのは良い事だが、他の3人にも協力してもらえるならば更に節約が可能である。

上記のようなシャワーの水をこまめに止めるということは、意識をするか否かで出来る簡単な行動であるので、家族に伝えて協力してもらう事が出来るだろう。 では、他にも協力してもらえる事は無いだろうか。意識を少し変える事によって出来る事は比較的簡単である。 なので、電気の付けっぱなしをしないように気を付けてもらう事も意識をしてもらえば出来る。

逆に、意識を変えるだけでなく我慢も伴うような事は難しいと言える。例えば夫や子どものお小遣いを減らすだとか、食費を減らして食事の楽しみが減ってしまうような事は家族の協力を得られないだろう。 なので、一人一人が負担を感じず、面倒臭くない方法が有効である。 また、お願いをするだけではなく、いつも協力してもらっている事を感謝する事も忘れてはいけない。

電気を消している姿を見たら、「ありがとう」と一声掛けたり、「あなたのおかげで今月はいつもよりお金に余裕があるよ」などと労う事も大切だ。このようにコミュニケーションを取る事によって、モチベーションを維持するのが家族の協力を得て節約を長続きさせる秘訣である。

さらに、節約する目的を知らせる事も大切である。目的が、長期連休に行く旅行の為の資金確保の為であるとか、自分にも関係している事だと分かれば、より一層協力してもらえる。

このように、上手に家族に伝えて節約を協力してもらう事により、より一層楽しく、家族との絆を深めて節約生活を送る事が出来る。

ページのトップへ戻る