フリーター向けの節約方法

フリーター向けの節約は、収入が入ったら生活用に使うお金と貯蓄用のお金を分けて無駄遣いしないようにお金の管理をすることがとても大切です。また、タイミングや契約プランの見直しを行って固定費を削減することも節約するためには効果が期待できます。

例えば、家賃の場合は、収入の三分の一に見直して都会では安い土地への引っ越しも効果的です。立地条件を少し妥協したり広さや設備を身の丈に合った物件にすることも節約になります。携帯電話やインターネット代といった通信費は、お得な通信会社へのりかえたり、お得なプランへ変更するとよいでしょう。

利用していない月額制の通信費は思い切ってサービスを解約することによって無駄な固定費を削減できます。交通費は、夜の飲み会後のタクシーは利用しないで終電や始発の電車を利用して節約し、徒歩や自転車で移動が可能な場合は、電車を利用しないことも節約になります。

外食やコンビニ弁当はやめて自炊すると食費を節約することができます。飲み物を頻繁に購入しないで自分の水筒を使ったり、プライベートブランドの日用品を使用することで生活費の節約が可能です。生活面では公共料金は方法次第で抑えることができます。具体的には、使用していない電化製品があれば待機電力を消費しないためにコンセントをこまめに抜いておくと電気代の削減に効果的です。

一番大切なことは、欲しい物を購入する際には本当に必要かどうか冷静に考えて必要なものだけ購入する習慣をつけることです。支出を把握するために買い物の時には必ずレシートをもらって家計簿をつけることも節約につながります。

家計簿をつけ続けることは大変ですが、自分自身のお金の使い方を理解することができますので、無駄遣いに気付くよい記録になります。そして、家計簿をつける習慣は、自分の買い物の傾向を分析することにもつながりますので、生活費を削減し本当に必要な物に囲まれる生活をのぞんでいるフリーターには役立つでしょう。

ページのトップへ戻る