一人ぐらしの節約方法とコツ

誰からの制約も受けずに自由に生活できるのが一人ぐらしの良さですが、実際に初めてみると予想していたよりもお金がかかると感じる人が多いようです。将来のために少しでもお金を貯めておきたいのなら上手な節約術を覚える必要があり、できる範囲でコツコツと実践していくことが大切です。

一人暮らし

もっとも大きな出費は家賃ですので、節約をするのならまずは家賃を見直してみましょう。適正な範囲の目安は収入の30%ほどまでだと言われていますが、節約したいのなら25%程度までにおさめるのがおすすめです。家賃はけっこう大きな額ですので、5%程度でも年間にするとかなりの差が出ます。駅から少し歩く物件や新しくない物件などは交渉しやすいので、家探しをする際には家賃交渉をしてみるのも良い方法です。

次に見直したいのが携帯代であり、大手キャリアのものを使用していると割高になります。最近では格安スマホも増えていますので、契約がえのタイミングを見計らって格安スマホの乗り換えてみるのも良いのではないでしょうか。
乗り換える時には毎月の通話の頻度や時間、通信量などを考慮して選ぶと失敗しません。SIMフリーにするだけで携帯代は半額以下にすることも可能ですので、評判が良くて使いやすい格安スマホを探してみるのがおすすめです。

一人ぐらしの場合には食費の節約も欠かせません。基本は自炊をすることが重要であり、時間がある時には大量に作り置きをして冷凍保存しておくと良いかもしれません。最初は調味料などをそろえなければなりませんので割高に感じるかもしれませんが、一度そろえてしまえばしばらくはもちますので、最終的には自炊の方がかなり節約できます。特に食材が安い時にまとめ買いをして調理しておくと大幅に食費をカットできますので試してみましょう。

電気代で見直したいのは契約しているアンペアです。一人ぐらしですから20アンペアでも十分というケースが多いのですが、無駄に大きなアンペアになっていることが多々あります。小さくすると基本料金が大幅にカットされます。

ページのトップへ戻る